原料費調整制度のご案内

平素は、弊社ダイネン株式会社のLPガスをご利用頂き、厚く御礼申し上げます。弊社では、2008年1月検針分より「LPガス原料費調整制度」を導入させていただいております。「原料費調整制度」は、お客様に対する料金の透明化や適正化のため、電力・都市ガス事業者では既に導入されている制度です。

原料費調整制度とは

LPガス輸入価格は、ガス産出国が毎月決定するLPガス輸出価格や為替レートといった外部要因にて毎月変動しております。弊社では、エネルギー情勢の変化をLPガス料金に反映させ、料金の透明性を図るために「原料費調整制度」を2008年1月検針分より導入させていただいております。

原料費調整制度のしくみ

価格の変動額は、「原料価格」と「基準原料価格」より決定します。

  • 原料価格が下がった場合はガス料金をマイナス調整します
  • 原料価格が上がった場合はガス料金をプラス調整します

基準原料価格=70,964円/トン基準として固定(2007年10月輸入価格)

原料価格=(CP+フレート)×為替+経費(円/トン)

  • CP:サウジアラビアのプロパンガス輸出価格
  • フレート:中東地域から日本への輸入船運賃
  • 為替:前月1日~末日の平均為替(TTS電信為替売価)

調整額=(原料価格-基準原料価格)÷482
(税別・小数点第1位四捨五入)

  • 482:換算係数(重量トンを取引単位の容量m3に換算)

平均原料価格の実績と調整ガス料金の適用期間

適用期間

※この「LPガス原料費調整制度」は、輸入原料価格と基準原料価格に対しての差額分を、翌月の従量料金(1m3当りのガス単価)に反映させていただく制度です。

CPと為替の推移

H28年 CP
ドル/T
前月TTS
円/ドル
H29年 CP
ドル/T
前月TTS
円/ドル
10月 340 102.98 4月 430 114.04
11月 390 104.81 5月 385 111.11
12月 380 109.12 6月    
H29 1月 435 116.98 7月    
2月 510 115.77 8月    
3月 480 114.11 9月    

なお、LPガス料金の調整状況はご覧のホームページ・検針票・請求書等でご案内させていただきます。

グラフ

LPガスのご案内